yoshinekyouko-gazo初回から高視聴率でスタートした朝ドラ『べっぴんさん』

視聴率が伸び悩んでいる。おもしろくない。

などとネガキャンを目にする事も少なくはないのだが、私はおもしろいと思う。

出演者や元ネタ、みんなの感想などをまとめてみたので、

一緒に見ていきましょうლ(ಠ_ಠ ლ)

スポンサーリンク


視聴率やあらすじ

現在放送中のNHKの朝ドラ『べっぴんさん』

あらすじを簡単に説明しますと、

舞台は 昭和の初め頃

神戸の山の手で生まれた、刺繍や手芸が大好きな女の子、「すみれ」がヒロイン。

すみれの家庭は、会社経営をする父、元気な姉と恵まれており、18歳の時にはお見合い結婚も果たすほど、すみれの人生は順風満帆。

娘も授かり、とても幸せな生活をしていたのですが…

この後、すみれの人生は大きく狂ってしまうこととなるのです。

それが、戦争のはじまり。

家は焼け、戦後にはこれまでの財産が全て没収…

すみれの幸せだった生活は、一転して地獄を見ることになってしまいます。

しかし、すみれは娘もいることから、なんとかして、生活していかなければならない…

すみれは生きていくために、子供服作りをはじめます。
仲間の女性や夫と、時にはぶつかりながらも起業し、やがてすみれの子供服は宮内庁御用達にまで認められるようになり、

日本初の総合子供用品店をオープンさせるまでに成長することとなるのです。

視聴率

最低18.3%〜〜最高22.5%

平均視聴率20%超え

正直、社会現象まで引き起こした(あまちゃん)まで、朝ドラって見たこともない、

むしろ知らなっかったぐらいなんですが、ついつい

ハマってしまいますよね|д゚)

出演者

主役の(坂東すみれ)を演じるのは芳根京子さん。

すみれの父親、坂東五十八(ばんどう いそや)役生瀬勝久さん。

母親の坂東はな(ばんどう はな)役菅野美穂さん。

お姉さんの坂東ゆり(ばんどう ゆり)役に蓮佛美沙子さん。

祖母の坂東トク子(ばんどう とくこ)役に中村玉緒さん。

すみれの幼なじみ田中紀夫(たなか のりお)役永山絢斗さん。※後の夫

田中紀夫の父親田中五郎(たなか ごろう)役に堀内正美さん。

すみれ家族を紹介しましたが、田中要次さんや名倉潤さんなども出演されており、

豪華キャストですね(;’∀’)

スポンサーリンク


みんなの感想

・笑いどころを狙ってるであろう執事さんにも笑えないし

・このドラマのあのドタつく執事は不要だ。もう撮る必要ないぞ!出演契約を解除しろ!

・ストーリーに盛り上がりが全くない。

・全部、どこかで見たことあるような展開。先が読め過ぎてつまらない。靴職人も大事な役どころなんだろうと思っていたら、今日は何だか情けなかった。ずっと好調だった視聴率、この辺りで20%割れになる予感がします。

・ストーリーが分かってしまう。だいたい次のシーンが予想した通りになるのでひねりがほしい。

などと、執事さんや話の作り方についての批評が多い気がしますね(;’∀’)

また

主人公の坂東すみれは自由奔放で芯が強いけれど、

なかなか自分の想いを言葉で表現するのが苦手。

それでも「刺繍がもっともっとうまくなりたい」という一心で、

何度も何度も刺繍を編んでみたり父の靴を解体したり、

靴屋さんに忍び込んだり。

あぶなっかしい行動も多いのですが、彼女の強い想いと純粋な心が胸を打ちます。

すみれは言葉に現すのが苦手な分、行動は常に全力。そんなすみれのひたむきな姿を見て感動するだけでなく、

「自分もひさしぶりに刺繍をやりたくなった!」と思う方も数多くいたのではないでしょうか。

や、他にも

愛が溢れている

キャストが最高

展開が早くて飽きない

と、イイ評価も多いです。

ヒット作ほど批評や酷評も多くなるのは世の常ですし、

平均視聴率の高さでも面白いのが伺えますよね♪

まだ見てない方も、見てみたけど微妙かな?って思われた方も、

欠かさず見ているって方も、最後までこの記事を読んでいただいて、

もっと楽しんでもらえるようになってもらえると、

本望です(´∀`*)ウフフ

元ネタ

実はこの話、実話でして、

子供服が中心のアパレルメーカー

ファミリア

の創業者である、板野惇子(ばんのあつこ)さんがモデルになっています。

そして、父親の佐々木八十八さん

アパレル企業、レナウンの創業者らしいのです。

こら見るっきゃないよって話ですよね。

ファミリアの公式HPはこちら

を見ると、ファミリアの軌跡が載っており、それを見るとドラマ【べっぴんさん

により感情移入を高め、今までよりずっと楽しんで見る事ができると思います。

泣いちゃいますけどね。。

bannoatuko-gazo

ホント偉大なお方だと分かってもらえれるかと思います。

尊敬と感謝の意を込めて。

 

それではこの辺で失礼したいと思います。最後までお読みいただきありがとうございました(*’▽’)

スポンサーリンク