「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」そしてまだ記録を伸ばしている「君の名は。」

日本の歴代興行収入トップ3作品、これら全てに声優として出演されてると言うのです。

それだけでも凄すぎるんですが、俳優としても大活躍しています。

生存確率1%」を乗り越えた奇跡の人でもあり、ホント尊敬に値する人だって知れば知るほどそう思いました。そんな神木隆之介さんの

プロフィール

経歴

声優としての代表作

俳優としての代表作

についてまとめましたので良かったら一緒に見ていきましょう(*´╰╯`๓)♬

スポンサーリンク


プロフィール

【名前】 神木隆之介(かみき りゅうのすけ)

【生年月日】 1993年5月19日

【星座】 牡牛座

【出身地】 埼玉県

【血液型】 B型

【身長】 167センチ

【体重】 47キロ

趣味 ギター 絵画 写真 モノマネ なわとび キックボード
特技 テニス 卓球 ダーツ

神木隆之介さんは生まれながらにして体が弱く、大病を患い「助かる可能性は1%」と宣告されました。

正確な病名は定かではありませんが、重度の消化器系疾患だとも言われています。

ミルクも受け付けず医者からも見放されるほどの大病だったと言います。ですが、奇跡的に回復された「奇跡の子」それが神木隆之介さんです。

そして母親が「生きている証を残したい」と芸能界に子役としてスクールに入団させたのがきっかけです。

2歳の時の話です。

経歴

千と千尋の神隠し坊

子役としても人気で若干23歳ながら芸歴21年。「2017年現在」

しかも第1線で活躍し続けているのだから凄い。

代表作は「千と千尋の神隠し」「妖怪大戦争」「るろうに剣心」「ハウルの動く城」「霧島、部活辞めるってよ」「君の名は。」

 

など声優としても俳優としても数多くのモンスター映画に出演されてます。

声優としての代表作品

2001年 アニメ映画『千と千尋の神隠し』に坊役で出演し声優デビュー。

スタジオジブリ作品にはその後2010年の『借りぐらしのアリエッティ』まで4作品に出演。

2006年 アニメ映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』ピー助役。

2009年 アニメ映画『サマーウォーズ』に小磯健二役で主演。

2016年 アニメ映画『君の名は。』に立花瀧役で主演。

日本の歴代興行収入(邦画)ランキングトップ3の「君の名は。」「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」

全てに出演されてます。

ホント神ってますよね^^;

スポンサーリンク


俳優としての代表作品

2005年 映画『妖怪大戦争』で主演し、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞。

2006年 『探偵学園Q』でドラマ初主演。

2011年 『心の糸』でモンテカルロ・テレビ祭男優賞にノミネートされた。

同年 ドラマ『11人もいる!』で主演。

2012年、映画『劇場版 SPEC〜天〜』に出演。同年夏公開の『桐島、部活やめるってよ』では「ヘタレ」の高校生を演じた。

2013年、テレビドラマ『家族ゲーム』に出演。優等生の二面性を演じ、高い評価を得た。

2014年、映画『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』に出演し、原作でも人気の高い瀬田宗次郎役を演じた。

神木隆之介殺陣

声優としても俳優としても大活躍ですね。

特に「るろうに剣心」は大好きで何回も見てるのですが、神木隆之介さんも神ってます(*∩ω∩)

↓↓主演の佐藤健さんと剣心の記事も良かったらどうぞ↓↓

佐藤健・目力が凄いからモテる?剣心カッコ良すぎた。

2017年の出演予定

『3月のライオン』『ジョジョの奇妙な冒険』に出演予定です。

どちらも漫画を実写化させた映画で、ファンの反応は微妙だったりします。

 

ですがまもなく公開の『3月のライオン』は

【るろうに剣心】シリーズと同じ大友監督で、

 

有村架純、倉科カナ、佐々木蔵之介

 

という豪華キャストなので予想を覆してくれるような、名作と言えるようなそんな面白い

映画になってくれればイイですね。

公開日は2017年3月18日  後編は4月22日の最近流行り?の二部作です。

 

神木隆之介まとめ

生い立ちから経歴まで正に「奇跡の子」の神木隆之介さん。

子役で人気を得ると大人になると成功しない

なんてよく聞く話ですが、神木隆之介さんは全く当てはまらないですよね。

むしろ年齢的にまだまだ味が出てくるのかもしれないですし。

1%の奇跡を呼び、日本の歴史に残るようなトップ3映画全てに【神木隆之介】の名前がある。

尊敬の一言に尽きます。

今後の活躍にも期待しましょう。

 

 

オトンオトン

いつもオカンて呼んでるから名前忘れたわ。きみのな、、

オカンオカン

すべっとるで

それではこの辺で失礼したいと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました(≧▽≦)

スポンサーリンク