kisenosato-gazo3いつ以来だかの「19年ぶり」、日本人横綱が誕生されましたね(*´╰╯`๓)♬

笑顔がかわいいと評判の稀勢の里横綱。

実力はもちろんの事、キャラや見た目でも老若男女の幅広い層から支持されてる横綱ですが、

そんな横綱の魅力の秘密、生い立ちや経歴について取り上げてみましたので、

一緒に見ていきましょう♪

スポンサーリンク


稀勢の里の経歴や戦績

四股名  稀勢の里  寛 (きせのさと ゆたか)

本名    萩原 寛  (はぎわら ゆたか)

生年月日  1986年7月3日  (30)

出身地   茨城県牛久市

出生地  兵庫県芦屋市

身長     188cm

体重     175kg

所属部屋   田子ノ浦部屋

生涯戦歴 764勝460敗(89場所)

幕内戦歴 678勝417敗(73場所)

優勝 幕内最高優勝1回

幕下優勝1回

四股名の由来は「希な勢いで駆け上がる

なんかカッコイイ由来ですね!

2013年頃から「ハイレベルな優勝をしたら横綱」などと言われ、

時間の問題だとはみなさん思っていたでしょうが、晴れて横綱昇格が決まり、

喜んだ方も多いと思われます。

改めておめでとうございます!

生い立ち

元々は野球少年だったようです。

そこを前部屋の鳴戸親方が、大きい体格や天性の才能を見抜いたのか、両親と本人を説得し、相撲界に引き込みました。

両親は至って普通の体格だと言うから驚きです。

正に天から授かった才能 でしょう。

とは言っても長年不屈の精神で前向きに努力してきたからこその、今だと思います。

また、稀勢の里横綱のお父さんは、優勝した際にこう言われています。

「横綱になったら、自分だけでなく日本のために相撲をとることになる。

伝統、文化も継承しなくてはいけない。

大関のほうが気楽かなと思うところもある。責任も違うが、それでも一番上に立つことはうれしい。」

稀勢の里横綱の性格は、非常に真面目で礼儀正しく、穏やかな人。  と言われていますが、

お父さん譲りなのかも知れませんね(*∩ω∩)

スポンサーリンク


稀勢の里の魅力

上で挙げた通り、謙虚で真面目で不屈の精神と言う  内面  も魅力の1つだとは思いますが、

笑顔など見た目での評判もイイようです。

見てみましょう♪

kisenosato-gazo

 

もういっちょ♪

 

kisenosato-gazo2
ホント穏やかな、柔らかい笑顔ですね♪

普段あまり笑わないからなのか、素の表情からは想像つかないほどの

優しそうな表情  だからなのかは分かりませんが、みんなに愛されるのもうなづけますね(*´╰╯`๓)♬

まとめ

若乃花、貴乃花兄弟以来の日本人横綱

期待や注目されるのは当たり前の事だとは思いますが、

稀勢の里横綱の愛嬌のある笑顔や、

内面から滲み出る魅力も相まって今回の人気騒動になったのだと、私は思います。

知れば知るほど魅力たっぷりの横綱ですもんね♪

今後の活躍も期待しています。

それではこの辺で失礼したいと思います。最後までお読みいただきありがとうございました(*´╰╯`๓)♬

スポンサーリンク